top

青汁おいしい!!

青汁で腸内環境の改善

ストレスやバランスの悪い食生活、睡眠不足によって腸内環境は乱れがちになります。
また、女性は排卵後の分泌物による影響などで、腸本来の働きが鈍くなり便秘になりやすく、
一方で男性は過度なアルコールの摂取や多忙な仕事により腸が緊張してしまい、ストレス性の下痢になりやすいのです。
どちらにしても腸内環境の悪化が原因で起こることですので、性別を問わず腸内の掃除は大事です。
食物繊維を摂取すれば、体の中の老廃物を排出してくれますが、 腸の働きが鈍っているようではいくら繊維質を摂ったところで詰まってしまいます。 動きの弱った腸の中では善玉菌が減り、悪玉菌を増加させてしまいます。 悪玉菌の増加を止めるためには、まず腸の中を綺麗にする事が必要です。

人間の体内には100種類以上の腸内細菌が存在しています。 その中でも回腸(小腸の終わり)から大腸にかけてたくさんの腸内細菌がビッシリと生息しています。 その様子がお花畑(flora)にそっくりであるため、腸内フローラと呼ばれています。
腸内フローラは健康に密接な関係があるため、常に最善の状態を保つ必要があります。

毎日必要とされる食物繊維の摂取量は、男性で24~25g、女性で19~20gです。 ですが実際に毎日の生活で摂取できているのは14g前後というのが実情です。 この不足している食物繊維を補ってくれるのが青汁なのです。
特に食物繊維の多い青汁の原料は大麦若葉ですが、多種多様な野菜が含まれているとより良いでしょう。

腸内環境を改善することで便秘・下痢の改善はもちろん、気分的にもすっきりします。
まずは生活習慣を見直し、自分に合った青汁を見つけて毎日摂取するようにしましょう。