top

青汁おいしい!!

青汁のおすすめ配合成分

青汁といえば「美味しくない」「青臭い」「飲みにくい」と思ってる方がほとんどかもしれません。
しかし、青汁にも飲みやすく加工されたものが多くあり、一概に「マズい」ものではないのです。
しかし青汁は青野菜ですから、そのままでは飲みにくいのは当然です。 一緒に配合されているものでおすすめのものを紹介します。

・オリゴ糖

消化酵素で分解されずに腸まで届き、善玉菌を増殖させます。
さらにその善玉菌がオリゴ糖を餌にしてビタミンB群や短鎖脂肪酸を生成します。
青汁の食物繊維と似たような働きをするので、ダブルでお通じ改善にもってこいですね。

・はちみつ

栄養満点の天然甘味といったらはちみつです。
おいしいだけでなく、青汁に含まれるミネラルの吸収を高めてくれます。
同じくミツバチが作ったローヤルゼリーが配合された製品もあります。
こちらは美肌効果が高いので女性におすすめです。

・乳酸菌

オリゴ糖と同じく、善玉菌のエサとしてかかせないものです。
乳酸菌にも種類がありますが、植物性乳酸菌配合の青汁がおすすめです。
植物性乳酸菌はヨーグルトなどの動物性と違い、日本人の腸に適しているといわれています。
普段からヨーグルトに青汁を混ぜているけれどどうもお通じがよくならないと悩んでいる方は植物性乳酸菌を試してみてはいかがでしょうか。

・豆乳

豆乳に青汁を混ぜてもいいですが、最初から豆乳が配合されているものもあります。
ほのかに甘くてクリーミーで、抹茶オレの風味を感じます。
野菜では摂取できない大豆タンパク質やカルシウムを補うことができます。

腸は栄養素を体全体に行き渡らせるための重要な臓器です。
体内のキレイを保つには、常に腸をキレイにしておく必要があります。
青汁は継続摂取が最も大切ですから、おいしく毎日飲めるものを選びましょう。